2017年10月07日

カナガンドッグフ―ドは愛犬の体重管理がしやすいフード⁉標準、太り気味、痩せ気味でも体重管理が簡単



愛犬の健康管理、体重管理は飼い主さんの一番の悩みどころ



カナガンドッグフード

・理想的な体重のワンちゃんは現状維持

・太り気味のワンちゃんは減量できる

・痩せ気味のワンちゃんは増量できる


これだったらカナガンドッグフ―ドじゃなくてもできるのでは?と思われがちですが・・・


カナガンドッグフードだからこそ・・・という理由が原材料にあるのです












1、体重管理に必要な原材料の把握




人間も犬も体重管理をするためにはまず、現在食べているもの、これから食べる物について

把握する必要があります

使われている材料の安全性、成分、カロリーが重要です!


材料の安全性については公式サイトでもしっかりと書かれていますが

カナガンドッグフードは『人間でも食べる事のできる材料を使っている』という事


そんなの普通じゃなの?と思われる方も少なくないと思います


日本のペットフードに関する基準はペット先進国とされるイギリスと比べるとかなり低く

安心とは言えないのが実情です




実際に格安のペットフードを手に取って見てみるといくつかの知らない言葉が出てきます

日本のペットフードは人間が食用としない部分を使用していたり、犬に対し他の栄養価を重点を置かず低価格にするために原材料の原価を押さえる材料を使用したりと

ペット先進国のフードと比べるとレベルがとても落ちてしまいます





カナガンドッグフードが自信をもってキャッチコピーとして
『人が食べられる食材でつくった無添加ドッグフード』は本当に安心安全材料から作っているという証拠です




そして使われている材料については

・アレルギーを発症しやすい穀物は一切使っていないグレインフリー

・高たんぱくな栄養が摂取できる鶏肉が原材料の半分を占めている

・犬にとって必要な栄養素が摂取できる総合栄養食であるため、ドッグフード以外に与える必要がない


ドッグフードを与えるだけで、犬に必要な栄養素や成分をしっかりと摂取できる事で、おやつやサプリメントの摂取を考えずに済むのです


愛犬の事をあれこれ考えすぎて、サプリメントやおやつをあたえてしまうと逆効果になる場合もあります


カナガンドッグフードは毎日、決まった給与量のドッグフードを与えるだけで犬が一日に必要とする栄養素をしっかりと摂取できるように考えて作られています


その為、カロリーも計算しやすく、体重管理も簡単に行えます





2、標準体重、肥満気味、痩せ気味でも体重コントロールがしやすい





標準体重のワンちゃんにはパッケージにも記載されている給与量をしっかりと守り毎日与えるだけで体重管理から栄養管理もできます


肥満気味のワンちゃんは給与量の10%少なく与える事を続けます

続ける期間は、理想体重になるまでです

理想体重は犬種、年齢にもよって違うのですが、理想体重に近づいていくまでは10%少なく続けていきます

しかし

10%も減らすと・・・お腹減らない?栄養不足にならない?と気になるのは当然です!


しかし、そこも計算されて作られているため、10%減らして与えてくださいとはっきりと言えるのです


カナガンドッグフードは腹持ちをよくするため、サツマイモが使われています

サツマイモをドッグフードに入れるとドッグフ―ドの原価が上がってしまうためあまり使われないのですが

カナガンドッグフードは腹持ちよくするためと食物繊維が豊富な為、一番に犬の事を考え配合されています

d0032abce150b6e401f8e614cb1f35af_s.jpg
10%減らす事で栄養不足は大丈夫かとの心配も、まったく大丈夫です


肥満気味のワンちゃんは栄養を摂取しすぎている事が多く、そのまま放置すると病気の元となります

肥満は人間と同じで犬にも深刻な問題です

理想体重になるまでは安心して10%減らして与える事ができるのです



痩せ気味のワンちゃんには10%多く与えます


気になるのは増やして食べてくれるかの問題

痩せ気味のワンちゃんは日ごろから少食気味な子も少なくありません


いつも食べている量より多く与えても食べないのでは・・・と心配されるかと思います


カナガンドッグフードは犬が好物とする肉がメインのフードです


匂いにも人工的な添加物を使用していないカナガンドッグフードは原材料本来の香りがついています


また、他のドッグフードより少ない量でギュッと栄養素を配合されているので万が一、今までの量しか食べない・・という状況になっても栄養不足の心配はありません


その場合は毎日少しずつ増やしていき、一番多く増やした時には、決められた給与量の10%増までにすることです


以上のように栄養素がしっかりと凝縮されて配合されている事により

栄養不足の心配が全くないので、ドッグフードの増減で体重コントロールをすることが可能です


ドッグフードだけで栄養管理ができるのは飼い主にとってもとてもラクな上に、犬にとってもストレスなく最高な食生活となります





3、決められた給与量を与えるだけで十分な栄養素が摂取できる



カナガンスクープ画像.png

冒頭でも述べましたが、カナガンドッグフードの原材料には犬に必要な成分だけで作られています


犬に必要ではないものは一切入っていません


一日あたりに必要な栄養素をしっかりと配合されている為、

他のサプリメントや、おやつでコントロールする必要がないのです

逆に与えてしまうとカロリーオーバーになる場合があり、肥満になってしまします

カナガンドッグフードは総合栄養食なので、ドッグフ―ドだけを与えるでけで十分栄養が摂取できます



ま と め




カナガンドッグフードは人間が食べる事のできる材料しか使っていないという安心と安全


太り気味、痩せ気味、標準のワンちゃんにも給与量を守る事で健康管理、体重コントロールが簡単にできる


総合栄養食で、ドッグフード以外に何も与える事なく犬にとって一日に必要な栄養素がしっかりと摂取できる





愛犬は家族です。人間が食べるものと同じ気持ちでドッグフードを選んであげたいものです

愛犬が毎日ストレスなく健康的に過ごせるのは飼い主さんの栄養管理と体重管理がもっとも大切です



カナガンドッグフードは公式サイトが一番、新鮮でお得に購入できます

カナガンドッグフードの公式サイトはこちらよりアクセスできます



ラベル:体重 健康
posted by 愛犬 at 23:32| 体重管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

カナガンドッグフード、太らないドッグフ―ド⁉必要な栄養素を摂取しながら太らないフードなのはなぜ?


カナガンドッグフードは犬に必要な栄養素を太らずに摂取できるドッグフードです


その為には、決められた給与量(エサを与える量)を守る事が大前提です


カナガンドッグフードでは決められた給与量の中に、犬が一日で必要な栄養素がしっかりと考えられ配合されています


犬に一日の必要栄養素をしっかり摂取するには、たくさんの栄養成分が必要となります


★例えば手作りフードを作るとしても、犬に必要な栄養素をしっかり配合させようとすると

カロリーオーバーになる事も多くあります


手作りは良いと思っていてもカロリーを摂りすぎると愛犬が肥満になってしまいます



★栄養素をしっかり配合したいからといって良い栄養素でも過度に摂取した場合、こちらもまた愛犬の健康を害してしまうのです


ですので、太らないようにさせる為には犬の事を考えて作られた総合栄養食であるドッグフ―ドを選ぶ必要があります











1、カナガンドッグフードが太らない理由




カナガンドッグフードに限った事ではありませんが、

ドッグフードで太ってしまう原因は・・・

飼い主さんが愛犬へドッグフードを与える際の給与量とおやつの与え方に原因がある場合が多いです


犬種や年齢、体重によってドッグフードを与える量は違います


各会社のドッグフードによって給与量の表示が違うかと思いますが


愛犬に合った給与量のみを与え、また、おやつも適度に与えていると太る事はないのです


しかし、決まった給与量では愛犬がお腹を減らし足りないようだからといって更に与えていると肥満になってしまうのです



★カナガンドッグフードは原材料にサツマイモを使い、腹持ちをよくする工夫がされています

サツマイモと聞いて太るのでは?と思われるかと思いますが・・・間違いです

確かに人間でもサツマイモを食べすぎると確実に太ります

カナガンドッグフードは給与量内に太るほどのサツマイモを配合していません

腹持ちをよくするためと犬に必要な栄養素が摂取できる量が配合されています

ですのでしっかりと給与量を守り与える事で太る事はありません

カナガンフード.jpg



2、栄養素と原材料




ドッグフードを選ぶ時、何を基準に選びますか?


価格?原材料?パッケージ?サイズ?フードの大きさ?匂い?色?


色々ありますが、やはり原材料を重視して選ぶ事をお勧めします


その理由は、適当に適当な物を与えると太るからです


犬も人間と同じで肥満は病気の原因にもなります


ドッグフードメーカーによっては、メインに何を使用し作っているか様々です


国産のドッグフードで多いのが穀物をメイン使っているドッグフードです


穀物は犬にとって、ほぼ栄養が摂取できません


そして犬の体の仕組みから穀物は消化が苦手なものなのです


しかし、穀物が使われている理由。それは安価で販売する為なのです


犬は穀物を消化しきれず胃に送り込み消化不良を起こしやすく吸収する栄養素もほぼなくそのまま排出されてしまいます


犬にとって栄養素が摂取できないものがメインの穀物で作られたドッグフードを毎日食べ

消化しきれず排出できないものは体に残し、そのまま肥満へとつながりやすいのです




この理由からも、原材料には重視する必要があります


犬は本来肉食です。カナガンドッグフードは原材料の半分は鶏肉が使われています

そしてこの鶏肉には犬が必要とする栄養素がしっかりと含まれています

犬に必要な栄養素である筋肉や体全体をつくるタンパク質を始め、ビタミン、リンが豊富に摂取できます


そしてなによりも、消化ができない穀物が入っていない為、しっかりと栄養素を吸収し、そして消化できるのです



栄養素を吸収する事ができると、犬の健康を保つ為のバランスがよくなります


太りやすいとされている穀物が入っていない分、たくさんの栄養素が吸収できるのです


カナガンドッグフードは犬に必要な栄養素と必要な原材料のみで作られているため、ドッグフード以外を与える必要がありません



足りない物をサプリメントで補う事もありません

総合栄養食なので、ドッグフードだけを与え続ける事ができます

その際に、しっかりと給与量を守る事が大切!

栄養が満点なので、与え過ぎると太ります


カナガンドッグフードは太らないドッグフードではなく、太っている犬も痩せている犬にも

理想的な体重に促す事のできるドッグフードなのです






カナガンドッグフードは犬の健康を一番に考え、作られているため

老犬になってからも悩まず与え続ける事ができます



2e31439ecd794c627b2f7fd17c9b0e54_s.jpg
ま と め



カナガンドッグフードは太らないドッグフードでもなく太るドッグフードでもありません


太るとされる穀物、低炭水化物の為、給与量を守れば太りません

更に、カナガンドッグフードは犬に必要な栄養素以外全く使っていないため栄養価は高いです


愛犬が太る理由は飼い主さんのドッグフードの与え方が大いに影響します


これはどこのメーカーでも同じです


その為、他のドッグフードに比べ少しカロリーが高いですが給与量を守り与える事で健康的な体重を維持できます


栄養素のないドッグフードを選ぶと体に必要な栄養素を取り込む事もできず健康的な状態といえません


ただ生きるために食べる・・・そのようなドッグフードの選び方は愛犬にとってもしあわせと言えませんよね


必要な栄養素をしっかり摂取しながら太らない健康的なできる食事を愛犬におすすめしたいですね


カナガンドッグフ―ドは公式サイトが一番お得に購入できます

公式サイトへはこちらから





ラベル:太らない 栄養素
posted by 愛犬 at 00:51| 太らない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

カナガンドッグフードは乾燥肌の愛犬にも与えてよいのか⁉必要なタンパク質摂取ができるため1番お勧め


カナガンドッグフードは乾燥肌の愛犬に安心して与える事ができるのでしょうか?

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s.jpg


悪化が心配だけど今のままでも心配という飼い主さん‼



愛犬の今の症状は?



・カサカサの乾燥した皮膚?

・赤いガサガサ皮膚?

・痒がりフケのようなものがたくさんでる皮膚?

・毛艶が良くない?


どれかに当てはまるワンちゃんには、カナガンドッグフードは是非お勧めです




乾燥肌のワンちゃんはタンパク質不足が考えられます


タンパク質が不足すると何よりも免疫力がさがり、皮膚疾患になりやすく

感染症などにもかかりやすくなります


皮膚に炎症がおきたり、乾燥すると、毛艶にも影響してきます


フワフワしていたはずの愛犬の毛がバサバサしたり、体をよく掻くようになれば注意しなければなりません














その1、良質な動物性タンパク質が豊富




タンパク質には


『動物性タンパク質』と『植物性タンパク質』があり

そしてタンパク質はアミノ酸によって作られています



動物性タンパク質には体で作れない必須アミノ酸が必要なアミノ酸が全て入っています


これは食べ物やサプリで摂取しないと体で生成されない成分です


その為、必須アミノ酸を摂取させたい場合は動物性タンパク質が多く含まれるものを選ぶ必要があります


動物性タンパク質は主に・・・


鶏、卵、豚、、牛、魚肉、乳製品




植物性タンパク質は動物性タンパク質と違い、必要なアミノ酸はいくつか欠けています


植物性タンパク質は主に・・・

ナッツや豆類、豆腐など






カナガンドッグフードには原材料の半分以上が鶏肉が使われています



鶏肉はタンパク質が豊富で免疫力を保つセレンが含まれているため、乾燥肌や体をかゆがるワンちゃんにとってはとても必要な成分です


毎日のドッグフードを与えるだけで『動物性タンパク質』が豊富に摂取できるのがとても嬉しい事ですね


またカナガンドッグフードで使用されている鶏肉は、人間が食べる事のできる材料で作られています


国産で多く販売されているのが 穀物がメインのドッグフードは良質なタンパク質は含まれていない事が多いのです


その為、良質な動物性たんぱく質が多く含まれたドッグフードというのはやはり安価で販売されていません


現在、与えているドッグフードの原材料を確認してみてください


穀物が多いドッグフードを与えていると、消化不良を起こしやすくなるため、皮膚や肌にも影響を起こす事があります


乾燥肌、毛艶がよくない、かゆがるワンちゃんには動物性タンパク質が豊富に摂取できるドッグフ―ドがお勧めです

966e6aa60635863badb3d38cd4733dad_s.jpg




その2、保存料や着色料の添加物を使用していない




カナガンドッグフードお勧め理由のもう一つは


保存料や着色料の添加物を一切使用していない事です


保存料や着色料の人工的な添加物は全くと言って体に良い物ではありません

ドッグフードを長期保存させようと思えばこの保存料や、美味しそうに見せるための着色料


という人工的な添加物が配合されている事が多いのですが

それだけ長期で保存できる食べ物だと思うだけで怖くないでしょうか


また、着色料で色を付けたところでワンちゃんにはその色の区別がついていないのです


必要のないものがはいって、健康を害するものは排除したいものです


中にはガンやアレルギーを引き起こすとされるものも多く、その過程において、消化不良や体内の異常がみられ愛犬の肌や皮膚、毛艶に影響を及ぼす危険があります



カナガンドッグフードはこうした人工添加物を一切使っておらず、自然からなるハーブなど、保存料として植物性の油脂から得る事のできる成分ミックストコフェロールを使用しているので安心です


しかしこのミックストコフェロールは自然からなるものなので長期での保存はできません


それだけ安心なものが保存料とされています




ま と め




★カナガンドッグフードは乾燥肌のワンちゃんに必要な良質な動物性タンパク質が豊富に含まれています


★毎日の食事であるドッグフードを与えているだけで、体で生成されることのない必要な必須アミノ酸もしっかりと摂取できる為、乾燥肌のワンちゃんには嬉しいものです



★人工添加物を一切使用していないため、ガンやアレルギーを引き起こすと言われる成分が入っていません


★カナガンドッグフードはワンちゃんにとって健康的で安心できる原材料のみで作られている安全なドぐフードです



人間も犬も肌が乾燥しかゆくなるのは同じです

犬は人間の言葉が話せません

飼い主さんが早く気が付いて、体の中からしっかりと健康管理をしてあげてくださいね



カナガンドッグフードは公式サイトが一番お得に購入できます

公式サイトはこちらよりアクセスでます


イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』



posted by 愛犬 at 22:50| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

カナガンドッグフードでダックスフンドのダイエット成功は以外に簡単な2つの方法⁉愛犬に無理させず減量させたい飼い主さん必見!

ダックスフンドを無理なく減量、ダイエットを成功させるには2つの簡単な方法を実践するだけです!


2つの簡単な方法とは・・・


7e8a42982e1bcfc2d4b5257ce4c444fb_s.jpg






この2点がとても重要で実践することで健康的にダイエット、減量を促せます


現在、肥満になってしまったワンちゃんや肥満気味なワンちゃんにとってダイエットは絶対に必要!


ダックスフンドの肥満は寿命を縮めてしまう可能性が大


しかし、現状のままだと減量させてあげられない!




今現在、食事はどのように与えているでしょうか?

以下に当てはまる場合は肥満になる原因です



 手作りの食事(間違えた知識での手作り)

 ドッグフード以外にも人間の食べ物を与える(人間の食べ物は犬にとって塩分が多い)

 ドッグフードと犬用のおやつ(ドッグフードだけで栄養素は摂取できる為、過度なおやつはNG)

 原材料の粗悪なドッグフード(原材料に何が使われているかわからない激安フードは危険)




以上のものに当てはまるのであればドッグフードの見直しが必要です


1、フードの原材料と成分の見極め





★ 穀物の入っていないフードを選ぶ

  

・穀物は犬にとっては必要のないもので消化不良を起こしやすく太りやすい


・国産の安価なドッグフードは主に穀物を使用しているものが多い


・犬の腸は短く、穀物を人間のように消化する作りになっていない為、穀物から栄養素を摂取することができない




★ 栄養バランスがよいものを選ぶ


・犬にとって必要な栄養素だけで作られたフード



★ ダックスフンドに必要な栄養素とは


・必要な成分としてカルシウム・カリウム・リン・ビタミンなど


ダックスは胴が長い為、背中に負担がかかりやすく主に頚椎椎間板ヘルニアになりやすい為、骨格や筋肉をしっかり形成することで予防につながります



ドッグフードに配合されている事で毎日の食事の際に摂取できる為、一番理想的な食事方法です




適度な運動は毎日必要ですが、栄養のバランスがとれているドッグフードを与えると

必要のない栄養素が入っていないため、表示されている給与量を守ることで肥満や

太ってしまう事はありません





カナガンドッグフードは総合栄養食ですので、他の食べ物で栄養を補給させる必要も全くない為、

ドッグフードだけを与えていれば栄養不足にもなりません






カナガンドッグフードのダイエット、減量させたい場合の与え方




カナガンドッグフードでは理想体重までは決められた給与量の10%を減らして与えます

もちろん栄養不足にならないように作られている為、理想体重までは10%を減らす事を守って与える必要があります



2、適度な運動と生活環境の確認と実践




★ 1日2回程度の散歩をする

だいたい30分ぐらいがよいとされています

e0c2f0dc89d6032237078762d1bd32f9_s.jpg

★ 段差のない散歩と普段の生活する場所

・少しでも飛び降りる行動をさせないようにする




ダックスフンドは胴が長く足が短いのが特徴、その為、腰に負担がかかりやすく激しい運動はできないので適度な運動が必要


運動といっても過剰な運動はダックスフンドにとってはマイナスです


肥満や肥満気味のワンちゃんならなおさらですが、過剰な運動をすることで腰に負担がかかり、悪化すれば動けなくなってしまいます




動けなくなってしまうと運動をさせる事もできなくなります


運動をさせる事ができなくなると食事だけでの減量やダイエットは犬にとってもストレスとなり、成功させる事が難しくなります


散歩も生活環境も腰に負担がかからないように特に注意することが必要です









まとめ




ダイエット、減量をさせるためには


◎ドッグフードに穀物が使われていないもの

◎ダックスフンドに必要な栄養素、カルシウム、カリウム、リン、ミネラルが配合されているもの

◎理想体重までは給与量を10%減らし、ドッグフード以外の食べ物を与えない

◎段差や少しでも飛び降りる行動をとらなくてもよい散歩や環境

◎1日2回30分程度の散歩をする



以上の事を実践することで愛犬にとって無理なくダイエット、減量をさせる事ができます


いままで間食やおやつを与えていた飼い主さん、愛犬が満足しないのではないかと心配もあるかと思いますが



愛犬が長生きするためには必要以上のおやつや間食は愛犬の為にやめないといけません




『欲しがるから与えないとかわいそうだ』と感じるかもしれませんが、それを我慢しないと



いつまでも肥満、太りすぎから抜けられず、愛犬の寿命を短くするばかりです


ダックスフンドの肥満は本当に深刻です

このダイエットや減量をきっかけにこれからの愛犬の生活をしっかりと管理してあげる事で愛犬の長生きにもつながります






市販されているドッグフ―ドの原材料を調べてみると驚くほどわからない物が使われていたりと与えるのが心配になるものもよく見かけます

カナガンドッグフードの原材料は全て人間が食べる事ができるもので作られているため、愛犬に与える事に安心できます




カナガンドッグフードの公式サイトでは

原材料や作られる過程が紹介されています






ダックスフンドにとっては腰の負担が一番つらいもの

肥満や太りすぎは愛犬を弱らせているのと同じです



健康に元気に過ごしてもらうためにも今すぐに栄養のあるドッグフードでダイエット、減量を始めてあげてください


公式サイトへはこちらよりご覧になれます







posted by 愛犬 at 00:54| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

カナガンドッグフードで軟便改善⁉愛犬に健康的な便をさせるのはフードの原材料に注意が必要


愛犬の軟便の原因はドッグフードの原材料に関係している可能性が・・・




軟便が続いているワンちゃん、カナガンドッグフ―ドで健康的な便に!





"border-style:solid;

border-width:1px;

padding:7px;

border-color:#000;

color:#fff;

background-color:#FFFFAB;

width:550px;

border-radius:10px;">

目 次
























① ドッグフードの中身が原因で起こる軟便と解決






ドッグフードの原材料には愛犬のアレルギー発症原因となるものが含まれている事が多くあります



特にアレルギーを引き起こしやすいとされている穀物


b8367826655b549f1dde7de1726b6a18_s.jpg

この穀物が原因で軟便になっているワンちゃんも多くいます



穀物は安価な為ドッグフードにメインで使用されているものが多いのですが



犬の体は本来肉食です



そして穀物は必要としない体となっています



その理由として、犬の腸は短い為、穀物を消化するのがとても苦手です



人間の唾液にはアミラーゼという物質があり、このアミラーゼが穀物のでんぷんを分解し、消化する働きをもっていますが




犬にはこのアミラーゼがない為、唾液で消化を促さず、そのまま腸へと運ばれていき、消化不良を起こす原因となり



軟便や便秘につながります




この場合の解決方法としては、穀物が入っていないグレインフリーのドッグフードを選ぶ事です



カナガンドッグフードはグレインフリーで犬の健康に必要としたものだけで作られています



必要のない材料は一切使われていないので安心です







② 現在のドッグフードからグレインフリー(穀物不使用)へ切り換え方の重要性






現在与えているドッグフードに穀物は入っているでしょうか?



もし穀物が入っていて、グレインフリー(穀物不使用)に切り替えたい場合でも急がないでください!



犬は突然、ドッグフードが変わると下痢や軟便、便秘に繋がる可能性があります




その為、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードに切り替える場合でも、時間をかける必要があります



だいたい1週間から10日ほどにかけて切り替えていく事をお勧めします



1日目・・・今までのドッグフードをに対してグレインフリーのドッグフード


 2日目・・・今までのドッグフードをに対してグレインフリーのドッグフード



 3日目・・・今までのドッグフードをに対してグレインフリーのドッグフード



   


このように4日目・5日目~10日目には全てグレインフリーになるまで少しずつ切り替えていきます

カナガンフード.jpg


③ 給与量もかなり大事





給与量とは与える量です



これは犬種や体重によって与える量は違います



よく食べるからといって与えていると必ず肥満になってしまいます



その為、犬種、体重にあった量を与える事を徹底しなければなりません




食べ終わって欲しがっても与えてはいけません




カナガンドッグフードの給与量に合わせて与えていれば、総合栄養食のため、犬にとって必要な栄養素は摂取できています


おやつや栄養補助食品も与える必要が全くありません



その為、決められた給与量を必ず守り与えるようにすることで愛犬の健康維持につながります





さいごに



51b323f63468b2ddfdd1adce113d9fc8_s.jpg



愛犬はかわいくて仕方がありませんよね



愛犬は人間の言葉を話せません



愛犬が苦しんでいる事に気が付いてあげれるのは飼い主さんだけです



現在、与えている穀物の入ったドッグフードでアレルギーを起こして軟便になっている可能性があるのであれば



ドッグフードの切り替えを考えてあげてください



そして、グレインフリーのドッグフードを慣らすようにように少しずつ与えてあげてください



ここで給与量をしっかりと守り、愛犬の軟便を解決してあげる事は飼い主さんだけができる事です



カナガンドッグフードは公式サイトが一番お得に購入できます







ラベル:軟便
posted by 愛犬 at 23:26| 軟便、下痢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。